プラスチック|マスクケースのメリット・デメリットについて紹介します

マスクケースを使うことによってマスクに雑菌・ホコリが付くのを軽減でき不衛生な状態を避けられるので、感染リスクの軽減が期待できます。

最近では色々な素材のマスクケースが販売されていますが、どこでもよく見かけるのがプラスチック製ではないでしょうか。

ハードタイプと柔らかいポリプロピレン製がある便利なプラスチック製マスクケースですが、メリット・デメリットがあります。

ハードタイプのメリット・デメリットは、硬いのでマスクの型崩れを防ぐことができ、水洗いやアルコールでの消毒が可能というメリットと、強くぶつけてしまうと破損するデメリットがあります。

一方、ポリプロピレン製マスクケースはこちらも水洗い・アルコールでの消毒が可能です。

薄く軽量なので、バックの隙間に入れて持ち運べます。

柔らかいのでマスクの形が崩れないメリットがありますが、薄型であるためケースが折れ曲がりやすいです。

プラスチックは密閉性・気密性が高く、マスクを清潔に保てるものの、使用中のマスクに関してはその利点が菌が増殖しやすいというデメリットにつながります。

そのため、抗菌・制菌効果があるものを選ぶのが重要です。

関連記事

  1. 健康・美容に影響する睡眠の質について詳しく解説します

  2. 認知機能を維持するサプリがある?仕組みについて詳しく紹介します

  3. 布|マスクケースのメリット・デメリットについて紹介します

  4. ガーゼマスク|種類別にマスクの効果について詳しく紹介します

  5. 意外と知らない肌の保湿方法の基本について詳しく紹介します

  6. お肌の健康と美容を保つ!着る化粧品の仕組みについて紹介します