睡眠の質で体調が変わる?メカニズムについて説明します

睡眠をしている時にでも体は休まず動き続けており、その役割は体を回復させたり修復させる効果を発揮しております。

人間の体には成長ホルモンがあり、筋肉痛や怪我などが治るのも成長ホルモンの自己修復が働いているのです。

そして睡眠は脳を休めてくれて、記憶の整理を行ってくれていると言われております。

睡眠の質を上げることで体の疲労回復効果が向上し、体調も良くなるのです。

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が交互に行われますので、質の高い睡眠はそのサイクルが乱れていないことが重要になります。

夜間に良く眠れていないと睡眠不足になるだけではなく、疲労感がずっと残ってしまうので体調に優れない感覚を覚えてしまいます。

それは実際に成長ホルモンの分泌不足などが起こっている可能性があるので、睡眠向上の努力をしなければなりません。

関連記事

  1. ガーゼマスク|種類別にマスクの効果について詳しく紹介します

  2. 良い睡眠をとるためにおすすめの食べ物を一挙公開します

  3. 肌荒れの原因になってしまう注意すべき食べ物について紹介します

  4. 尿漏れとは?意外と知らない原因について詳しく説明します

  5. 意外と知らない肌の保湿方法の基本について詳しく紹介します

  6. 着圧サポーターは必要?効果について詳しく紹介します