洗濯後のタオルをふわふわに保つために押さえておくべき3つのポイント

毎日使用する日用雑貨として、誰もが所持しているのがタオルです。

顔を洗ったあと・入浴後に必ず使って、毎日洗濯をするのも基本です。

洗濯後、タオルの肌触りが悪いと思われたことはないですか。

ここでは洗濯後のタオルをふわふわに保つための、押さえておくべきポイントをご紹介します。

ふわふわに仕上げるには必ず、柔軟剤を使用しなくてはいけません。

洗剤だけだと汚れは落とせてもふわふわにすることができないわけです。

また脱水時間は長くても30秒までにすることです。

遠心力が加わり過ぎると、タオル全体の生地を傷めてしまいます。

乾燥機を使用して乾かすのもNGです。

乾かすときは物干し竿に広げるようにして干して、しっかりと水分を自然に蒸発させましょう。

関連記事

  1. 知っていると便利なタオルの種類とその活用法について紹介します

  2. シーツを洗う頻度はどのくらい?おすすめの頻度と理由について説明します

  3. 綿(コットン)タオルのメリット・デメリットについて紹介します

  4. パイル生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  5. シャーリング生地タオルで人気のブランドTOP3を紹介します

  6. 麻(リネン)のタオルでおすすめブランドTOP3を紹介