洗濯後なのにタオルが臭うその理由とは?原因について詳しく解説します

洗濯後なのにタオルが臭い場合は、しっかりと汚れが落とし切れていない恐れがあります。

汚れとそれを餌にする雑菌が残っていると、洗濯後の間をおかず、タオルから何とも言えない臭いニオイが漂うことになります。

洗濯後にタオルが臭いのは、乾燥に時間が掛かることが原因の1つとなります。

湿った状態が長く続くことによって、その間に残った雑菌が増殖して臭いを発してしまうわけです。

洗濯後にタオルから臭いが漂うとしたら、洗濯機の洗濯槽に付着している汚れの可能性があります。

洗濯槽の裏は普段見ませんが、定期的なクリーニングを怠ると裏側がカビに埋め尽くされることになり得ます。

このカビが洗濯後のタオルにも付着していて、残った汚れと湿った状態が、臭いの原因の増殖を許してしまうので注意です。

関連記事

  1. 意外と知らない寝汗対策におすすめの寝具の素材とは?

  2. シーツを洗う時に気を付けておくべきポイントについて紹介します

  3. パイル生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  4. シャーリング生地タオルで人気のブランドTOP3を紹介します

  5. 麻(リネン)タオルのメリット・デメリットについて紹介します

  6. マイクロファイバータオルのメリット・デメリットについて紹介します