タオルを長持ちさせるための正しいお手入れ方法について紹介します

お気に入りのタオルを長持ちさせたいのであれば、そのお手入れ方法は手洗いで優しくということになります。

手洗いをすれば、機械的に洗う洗濯機と違って、タオルに負担を掛けず生地を長持ちさせることができます。

洗濯機を使ってタオルを長持ちさせるお手入れ方法は、1枚ずつネットに入れてから洗うことです。

確かにネットに入れて洗ってから出す手間はありますが、洗濯中のタオルの摩擦が減らせるので、結果として長持ちします。

タオルを長持ちさせたいのであれば、洗濯後にしっかりと広げて、早く乾くようにすることが大事です。

洗濯機から取り出したまま干してしまうと、繊維が伸び切らず乾きが遅くなります。

そして乾くのに時間が掛かるとカビなどの雑菌が増殖して繊維がダメージを受けますから、しっかり広げて早く乾くようにするのが正解です。

関連記事

  1. 無撚糸地タオルで人気のブランドTOP3を紹介します

  2. 綿(コットン)タオルのメリット・デメリットについて紹介します

  3. 防ダニ機能が高い寝具とは?特徴について詳しく解説します

  4. 麻(リネン)タオルのメリット・デメリットについて紹介します

  5. 知っていると便利なタオルの種類とその活用法について紹介します

  6. パイル生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?