タオルの正しい洗濯方法についてコツとポイントを紹介します

まずタオルを洗濯機に入れるときは、水が多めになるようにすることがポイントです。

少量の水の中でギシギシと擦れ合う洗濯方法は、タオルの傷みを早めます。

脱水をしたらできる限り早く取り出すことが重要です。

長時間放置する方法だと、パイルが潰れた状態が保たれ、ふんわりとした質感に戻りにくくなります。

すぐに取り出してもパイルの潰れがありますから、取り出したら空中で上下に振って戻します。

干す場所は日陰で風通しのいい場所です。

紫外線の当たるところに長時間干すと、繊維が硬くなります。

洗濯機に入れる時に、洗剤だけでなく柔軟剤を投入する人も多いでしょう。

柔軟剤は繊維をコーティングして摩擦を減らします。

柔軟性の高い新品のタオルに行っても意味がありませんから、ごわつきが出てきてから使えば十分です。

関連記事

  1. パイル生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  2. 麻(リネン)タオルのメリット・デメリットについて紹介します

  3. マイクロファイバーのタオルでおすすめブランドTOP3を紹介

  4. ワッフル織地タオルで人気のブランドブランドTOP3を紹介します

  5. ガーゼ生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  6. パイル生地タオルで人気のブランドTOP3を紹介します