筒形|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは

筒形の布団収納ケースは、布団を丸めて収納することが出来るので出し入れがしやすくなります。

箱型では四隅を合わせて折り畳まなければならず、シングルやダブルなどの大きさによってはシンメトリーに折り畳めないことがあるのです。

筒形の布団収納ケースのメリット・デメリットは、収納がしやすいことですが反対に押し入れでは安定感がありません。

押し入れ収納時には四隅を折り畳むボックス型の方が安定感が良いことが、筒形のメリット・デメリットになります。

扉付きの押し入れなどに収納するのではなく、オープンエアで置く収納をする場合には日光などの紫外線対策が必要です。

濃い目のカラーを選び、布団に紫外線が当たらないように工夫をしなければなりません。

さらに不織布ならば湿気がこもり難いなど、布団収納ケースにもメリット・デメリットがあります。

関連記事

  1. 狭い場所でもタオルを上手に干せるオススメのアイテムTOP3

  2. かご型|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

  3. 水切りかごを清潔に保つための方法のコツとポイントを紹介します

  4. おしゃれに日よけ対策したい!おすすめのシェードTOP3

  5. マット|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

  6. ラック|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは