水切りかごを清潔に保つための方法のコツとポイントを紹介します

水切りかごに付着する汚れには水垢とカビがあります。

水垢は水切りかごに残った水道水が蒸発してミネラル分のみが白く付着したものです。

アルカリ性ですので酸素系のクエン酸が効きます。

水垢の掃除方法は、水200mlにクエン酸小さじ1杯を溶かしスプレーを作ることから始めます。

汚れの付いた水切りかご全体にキッチンペーパーを被せ、クエン酸スプレーを十分にかけ湿らせます。

水分が蒸発しないようにラップをかけて約2時間置き、水垢が柔らかくふやけたらスポンジで擦り綺麗に落とします。

一方カビ汚れ(主に黒カビが多い)には、キッチン漂白剤を使います。

カビを簡単に根元から絶つには泡スプレータイプが便利ですが、通常のキッチン用漂白剤を水で薄めてスプレーを作っても大丈夫です。

クエン酸を使った掃除のときと同じく、キッチンペーパーとラップを使って水切りかごを覆います。

30分ほど放置して、スポンジなどで擦り落としてから水洗いすると綺麗で清潔な状態に戻ります。

カビに関しては生える前にヌメリが兆候として表れるので、清潔な状態を長く保つためにも消毒用アルコールを吹きかけてカビ予防をするのも良い方法です。

関連記事

  1. 置き型|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

  2. マット|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

  3. 圧縮|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは

  4. 棚型|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

  5. キッチン用ふきんを選ぶ時に押さえておくべき3つのポイント

  6. おしゃれに日よけ対策したい!おすすめのシェードTOP3