狭い場所でもタオルを上手に干せるオススメのアイテムTOP3

狭い場所でもタオルを干したい、そんな時は突っ張り棒がタオルを干すのに適したアイテムとなります。

短いタイプの突っ張り棒なら狭い場所に最適ですし、デッドスペースの有効活用ができるので、タオルを干すアイテムとしてオススメです。

省スペースで奥行きがない物干しスタンドは、ベランダのような狭い場所に設置するのに適しています。

物干し竿が洗濯物で埋まってしまっている状態でも、足元の狭い場所を有効活用してタオルを干すことができるアイテムです。

壁に取り付けられるタイプの物干しは、使わない時にスッキリと折り畳めるのが魅力です。

狭い部屋で物干しスタンドを置く場所がなくても、壁に取り付けられることから、狭い場所でも難なくタオルを干すことができます。

関連記事

  1. キッチン用ふきんを選ぶ時に押さえておくべき3つのポイント

  2. 置き型|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

  3. 筒形|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは

  4. ボックス|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは

  5. シェードを使うメリット・デメリットについて詳しく説明します

  6. 不織布|キッチンクロスの素材について詳しく紹介します