寝るときに着圧サポーターを使う時の注意点について紹介します

着圧サポーターはきつくて圧迫感で締め付けられる強い圧力が醍醐味で、圧力がかかればかかるほど血流促進効果が高くなると言われています。

むくみ解消効果を期待して、寝るときに着圧サポーターを着用しているという方は多いのではないでしょうか。

寝るときの着圧サポーター着用における注意点についてですが、血流が阻害されるような感覚があり逆効果だなと感じた場合はすぐにやめる、手足が冷たくなって睡眠の質が低下するリスクと隣り合わせであるため冷え性の方は要注意、寝汗による不快感や皮膚トラブルに見舞われるなどがあります。

健康や美容やダイエットの強い味方である着圧サポーターですが、体が嫌がる使い方をすると大敵になってしまう可能性がありますので、自分の体調や体質に応じた使い方をすべきです。

関連記事

  1. 不織布マスク|種類別にマスクの効果について詳しく紹介します

  2. プラスチック|マスクケースのメリット・デメリットについて紹介します

  3. 着圧サポーターは必要?効果について詳しく紹介します

  4. ガーゼマスク|種類別にマスクの効果について詳しく紹介します

  5. ウレタンマスク|種類別にマスクの効果について詳しく紹介します

  6. 肌荒れの原因になってしまう注意すべき食べ物について紹介します