食器の水切りかごを選ぶ時に押さえておくべき3つのポイント

食器の水切りかごの選び方を3つのポイント別にまとめました。

まず大きなポイントとなるのがサイズ感です。

これは置き場に確保できるスペースを測定すれば自ずと決まってきます。

また、食器を片付ける頻度と、家族の人数のことも考えておく必要があります。

1人暮らしの方であっても、洗い物は夜にまとめて片付けるというライフスタイルであれば、大きな水切りかごが必要になります。

次のポイントは材質です。

おおまかにプラスチック製か金属製かにわかれます。

プラスチック製は安価ですがデザインが限られる傾向があります。

一方、金属製は高価ですが、おしゃれなデザインのものが数多くあります。

長く使うことを考えると材質の劣化についても考えておくと良いでしょう。

最後のポイントはギミックです。

たとえばかごの下の水受けに角度がついているものは、流しの脇に置くことで溜まった水を排水することができ、カビの予防になります。

ほかにも使わない時は畳んでおけるものや、簡単に丸洗いできるものなどもあります。

以上のポイントを踏まえた選び方で、ぜひあなたにぴったりの水切りかごを見つけてください。

関連記事

  1. 折りたたみ|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

  2. 本当に必要?水切りかごを置くメリット・デメリットについてお伝えします

  3. 麻(リネン)|キッチンクロスの素材について詳しく紹介します

  4. 日よけをしながら楽しみたい!かわいいシェードのおすすめTOP3

  5. マット|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

  6. 筒形|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは