清潔なふきんを保つためのコツとポイントを大公開します

清潔なふきんを保つためにはまず桶に水を張って、台所用の漂白剤を溶かしていきます。

水1リットルに対して漂白剤の量は10mlであり、やや濃いくらいがちょうど良いです。

ふきんの台所用の洗剤を付けて水で洗います。

その後、先ほど張った水に30分以上浸します。

浸した後は水でしっかりすすいだら完了です。

清潔を保つためにはお湯を使った方が良いと思われがちですが、お湯は細菌の温床になってしまうので水を使うのがポイントとなります。

コツはこするのではなく、水の中にしばらく放置することです。

このポイントを押さえておくことにより、白い色を保ったまま清潔にすることが出来ます。

これでも上手く汚れが取れないときには重曹を使うのがコツです。

関連記事

  1. 食器の水切りかごを選ぶ時に押さえておくべき3つのポイント

  2. 日よけシェードの失敗しない選び方について大公開します

  3. マイクロファイバー|キッチンクロスの素材について詳しく紹介します

  4. 折りたたみ|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

  5. かご型|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

  6. ボックス|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは