医療用と市販の着圧ソックスの違いについて詳しく解説します

若い女性の間で、着圧ソックスを愛用なさる方が多い傾向です。

昼間立ち仕事を長時間していると、夜間になって足のむくみが酷いという方が多く、それを改善するために着圧ソックスをつけて眠るわけです。

着圧ソックスには市販品と医療用との2つがありますが、ここでは医療用と市販の違いを解説していきます。

まず市販品の場合は圧力レベルが50hpまでとなっており、さほど強いパワーで圧迫はされません。

ところが医療用だと100hp以上のパワーもあり、足全体を強力な力で圧迫をするという違いがあります。

なお、医療用の場合は下肢静脈瘤という疾病の治療で活用をしており、ストッキング施術を専門用語で呼ばれている治療にだけ活用をします。

関連記事

  1. 消臭機能付きラグマットを選ぶ時に押さえておくべき3つのポイント

  2. むくみに効果あり!着圧サポーターの正しい選び方について紹介します

  3. 菌を通さないマスクとは?意外と知らない構造について詳しく解説します

  4. 感染リスクが高い場所でのおすすめのマスクをご紹介します

  5. 消臭機能付きラグマットとは?仕組みについて詳しく解説します

  6. マスクケースを選ぶ時に押さえておくべき3つのポイント