ガーゼマスク|種類別にマスクの効果について詳しく紹介します

ガーゼマスクは綿織物を重ねており、布マスクとも呼ばれます。

不織布マスクやウレタンマスクなどと比較した時、やや性能が低いと評価されることが多いです。

飛沫の吹き出しを抑える効果は平均的で問題ありません。

くしゃみや咳による飛沫を周囲に飛ばさないということです。

一方で飛沫を吸い込む量は不織布と比べると劣ってしまうので、周囲でくしゃみや咳をしている人がいたらガーゼマスクではやや心許ないといえます。

しかしデメリットばかりではなく、ガーゼマスクには保湿効果が認められています。

空気が乾燥する時期でも、ガーゼマスクを着用することで喉が潤います。

柔らかい素材でできているため、肌への負担を抑えるために使う人もいます。

関連記事

  1. PUレザー|マスクケースのメリット・デメリットについて紹介します

  2. 健康的な体づくりのためのにおすすめのサプリメントTOP3を紹介

  3. 布|マスクケースのメリット・デメリットについて紹介します

  4. ウレタンマスク|種類別にマスクの効果について詳しく紹介します

  5. 着圧サポーターをつけるメリット・デメリットについて解説します

  6. 意外と知らない肌の保湿方法の基本について詳しく紹介します