圧縮|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは

圧縮型の布団収納ケースは布団を小さく圧縮して収納することができるため、多くの家庭で使用されています。

基本的には掃除機などで中の空気を抜いて圧縮するタイプと、自分の足などで圧力をかけて空気を押し出すタイプがあります。

どちらも空気を抜くことで布団を小さくすることができるものですが、それぞれメリット・デメリットがあるのでこの点を意識して使い分けることが大切です。

掃除機で強制的に空気を抜くタイプの布団収納ケースは、強制的に吸い出すため大きな圧力が加わり、羽毛ぶとんなどの場合にはその羽を折ってしまうと言う危険があります。

強制的に空気を抜いてしまうことから、完全に元には戻らない確率も高いので注意をしなければなりません。

足などで踏んで押し出すタイプの場合、圧縮ムラが発生してしまうと言う可能性があります。

また強制的に出出子タイプに比べると圧縮率が低いのも特徴です。

ただし柔らかく圧縮できることから羽毛布団なども痛めにくいのがポイントです。

布団収納ケースを利用する際には、これらのメリット・デメリットを意識して使うことが良い方法となっています。

関連記事

  1. シーツを干すときにあると便利なアイテムTOP3を紹介します

  2. シェードを使うメリット・デメリットについて詳しく説明します

  3. ラック|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは

  4. 綿(コットン)|キッチンクロスの素材について詳しく紹介します

  5. ボックス|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは

  6. 麻(リネン)|キッチンクロスの素材について詳しく紹介します