置き型|キッチンの水切りグッズの種類について紹介します

キッチンは洗い物をした後に水浸しにならないための水切りが欠かません。

ただ、キッチンの水切りといっても色々な種類があるので選ぶのに迷ってしまう、このような人も多いのではないでしょうか。

カゴ型・シンク上タイプの水切りラックは一般的な種類になりますが、フライパンや鍋などのような比較的大きな調理器具もラックで乾燥させることができます。

棚型・置き型の水切りラックは、食器棚のような形で2段や3段などのスタイルになっているので、一度に多くの食器を乾かすことができるメリットがあります。

なお、折りたたみ式の水切りラックは使いたいときだけ広げて使用できるタイプで、シンクがあまり広くないなどのときに便利な水切りグッズといえましょう。

関連記事

  1. ボックス|布団収納ケースのタイプ別メリット・デメリットとは

  2. 不織布|キッチンクロスの素材について詳しく紹介します

  3. シェードを使うメリット・デメリットについて詳しく説明します

  4. シーツを干すときにあると便利なアイテムTOP3を紹介します

  5. 水切りかごを清潔に保つための方法のコツとポイントを紹介します

  6. 日よけシェードの失敗しない選び方について大公開します