マイクロファイバータオルのメリット・デメリットについて紹介します

マイクロファイバータオルを使うことにはメリット・デメリットがあります。

まず最初にメリットに挙げられる事は吸水性や速乾性に優れていることです。

冬場でも選択がしやすく、洗濯機を使わなくても軽く絞っておくだけですぐに乾きます。

マイクロファイバータオルは繊維に隙間が多いので、軽くて暖かいのも特徴です。

タオル以外にも毛布や冬の洋服などにも採用されています。

洗剤を使わなくても汚れを簡単に拭き取ることができます。

反対にデメリットに挙げられる事は耐熱温度が低いことです。

耐熱温度の低い化学繊維でできているので、熱湯消毒やアイロンがけには向いていません。

また柔らかいものを傷つけやすい特徴があり、例えば子供の肌や食器など柔らかいものをこすると傷がつく可能性があるため注意しましょう。

メリット・デメリットを把握して用途を考えましょう。

関連記事

  1. ワッフル織生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  2. 麻(リネン)のタオルでおすすめブランドTOP3を紹介

  3. 防ダニ布団の正しい選び方とは?押さえておくべき3つのポイント

  4. 知っていると便利なタオルの種類とその活用法について紹介します

  5. 綿(コットン)タオルのメリット・デメリットについて紹介します

  6. 無撚糸地タオルで人気のブランドTOP3を紹介します