ガーゼ生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

毎日顔を洗ったり、入浴後にはどなたでもタオルを使用して水気を取られるものです。

タオルと一口に言っても綿生地からガーゼ生地という2種類の素材で作られています。

ここではガーゼ生地にスポットを当てて、メリット・デメリットを見ていくことにしましょう。

まずガーゼ生地のメリットは、肌が弱い方でも肌荒れを防ぎながら利用できる点です。

赤ちゃんでも使用できるタオルなので、アトピー性皮膚炎であっても問題はありません。

デメリットを述べると、吸水力が弱いという点です。

綿生地よりもはるかに薄いので、バスタオルには不向きです。

また一枚当たりの価格が高いという点もデメリットになります。

メリット・デメリットをよく把握して購入をしましょう。

関連記事

  1. シャーリング生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  2. 意外と知らない寝汗対策におすすめの寝具の素材とは?

  3. 洗濯後なのにタオルが臭うその理由とは?原因について詳しく解説します

  4. シャーリング生地タオルで人気のブランドTOP3を紹介します

  5. シーツを洗う頻度はどのくらい?おすすめの頻度と理由について説明します

  6. 麻(リネン)のタオルでおすすめブランドTOP3を紹介