パイル生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

市販のタオルの中でも1番多く販売されているものがパイル生地と言えるでしょう。

このパイル生地のタオルはメリット・デメリットの両方が存在しています。

直接肌に触れる部分が広くとられていて、高い吸水性を誇ることが大きな特徴です。

タオルはもちろんですが、靴下などの衣料品にも多く使われています。

水分を吸収しやすいのでお風呂上がりに体を拭いたり、何かをこぼしてしまったときに拭き取る際には重宝します。

しかしパイル生地は糸がループ状になっているため、このループの部分が何かに引っかかった場合には、ほつれたり破れたりすることもあります。

耐久性の面からはそれほど高いとは言えません。

メリット・デメリットを把握し、万が一パイルが引っかかり意図が飛び出した場合には、飛び出した部分をカットして処理することを心がけましょう。

関連記事

  1. 無撚糸地タオルで人気のブランドTOP3を紹介します

  2. ガーゼ生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  3. バスタオルを選ぶ時に押さえておくべき3つのポイントを紹介します

  4. 綿(コットン)タオルのメリット・デメリットについて紹介します

  5. シーツを洗う頻度はどのくらい?おすすめの頻度と理由について説明します

  6. ワッフル織地タオルで人気のブランドブランドTOP3を紹介します