ワッフル織生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

ワッフル織生地は見た目も可愛いため、タオルに使用したいと思いますよね。

今回はワッフル織生地をタオルに使用する際のメリット・デメリットについて解説していきます。

まずこの生地の特徴として柔軟性があります。

糸を浮かせて作られているため包み込むような柔らかい肌触りを持っています。

しかも軽いためバスタオルなど大きなものでも使いやすいです。

ほかにも吸水性・吸湿性に優れています。

そのため水分の吸収が必要なタオルなどに適しています。

しかしワッフル織生地のデメリットとして洗濯による変形とひずみが挙げられます。

織物ですがワッフルは決して強い生地ではないので、手洗いを行うべきです。

また天然繊維で作られている生地が多いため黄ばみやしわなどにも気を付ける必要があります。

生地ごとのメリット・デメリットをしっかり把握して自分の求めるタオル素材を選択しましょう。

関連記事

  1. 無撚糸地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  2. 洗濯後のタオルをふわふわに保つために押さえておくべき3つのポイント

  3. ガーゼ生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  4. シーツを洗う頻度はどのくらい?おすすめの頻度と理由について説明します

  5. 防ダニ機能が高い寝具とは?特徴について詳しく解説します

  6. シャーリング生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?