バスタオルを選ぶ時に押さえておくべき3つのポイントを紹介します

入浴が日々のリフレッシュで効果的な気分の転換になり、バスタオルの選ぶ指針によって使い心地や期間による制限を受けなくなります。

バスタオルは大きさや肌触りからデザインの項目で選ぶ必要性があり、香りやクッション性が幅広く差があるでしょう。

一度で洗濯することがなく、部屋に干して使い回す利用には細菌の増殖阻止のための洗剤や、柔軟剤のフォローで元々のポテンシャル以上の使用感を得られるメリットもあります。

白は汚れや皮脂の黄ばみが目立ちやすいので黒を基本とする有色で濃い色合いなら、長く使い古く見えにくく新鮮さと高級さの両方が維持できます。

値段のリミットが無いとシルクやローブのように、特別な仕様のバスタオルが使えるでしょう。

関連記事

  1. パイル生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  2. 洗濯後なのにタオルが臭うその理由とは?原因について詳しく解説します

  3. 無撚糸地タオルで人気のブランドTOP3を紹介します

  4. 麻(リネン)タオルのメリット・デメリットについて紹介します

  5. シャーリング生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?

  6. ガーゼ生地|タオルの生地別のメリット・デメリットとは?