短時間で乾かしたい!タオルが時短で乾くコツを紹介します

雨の日や湿度が高い日は、厚手のタオルなどがなかなか乾かず困ってしまうものです。

一日中干していたのにタオルが生臭い、そんな経験がある方は少なくないでしょう。

タオルを短時間で乾かすコツの一つとして、干し方が挙げられます。

洗濯物は基本的に、上の方から乾いていきますので、タオルなど長い形状のものは縦に干すのがポイントです。

またなるべく洗濯物同士の距離を開けて、風が通るように並べると良いでしょう。

室内干しの際にタオルを短時間で乾かすコツは、扇風機などを活用することにあります。

一枚だけ干す場合は、タオルをコの字に囲うような形に吊り、扇風機の風を内側にあてるようにします。

こうすることで、タオルの全面に風が当たり、効率よく乾かすことができます。

関連記事

  1. 医療用と市販の着圧ソックスの違いについて詳しく解説します

  2. 感染リスクが高い場所でのおすすめのマスクをご紹介します

  3. 消臭機能付きラグマットとは?仕組みについて詳しく解説します

  4. マスクケースの正しい使い方について詳しく説明します

  5. 一瞬でおしゃれマスクに大変身!人気のマスクカバーTOP3

  6. マスクケースを選ぶ時に押さえておくべき3つのポイント