菌を通さないマスクとは?意外と知らない構造について詳しく解説します

日常的に着用しているマスクでも菌を通さない構造になっているものだと、安心して使用することができます。

どのような仕組みになっているのかというと、まずナノ構造で作られていて、小さなウイルスや金を通さないようになっています。

細かな微細なウイルスに対してカットできるのは、0.1ナノメートルの素材を使っているからです。

菌やウイルスのなかにはマスクから侵入できるサイズもあり、高性能のマスクで対応することが望まれます。

また医療関係者などは、常に菌やウイルスの脅威にさらされるので、よりカットできるマスクを着用して従事することが理想です。

侵入を防ぐだけではなく繁殖も防ぐタイプもあることから、病気の発症率が下げることができます。

関連記事

  1. タオルのふわふわを持続させる干し方のコツを大公開します

  2. 日よけシェードとは?意外と知らない機能について詳しく紹介します

  3. 寝汗をかく理由とは?そのメカニズムについて詳しく解説します

  4. メガネが曇らないマスクのつけ方について詳しく説明します

  5. 感染リスクが高い場所でのおすすめのマスクをご紹介します

  6. 安全なマスクの外し方とは?押さえておくべき3つのポイント